上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞 の発言:
……はぁ
真理 の発言:
……どうしたの?
舞 の発言:
ん、――ちゃん……
真理 の発言:
何か、あった……?
舞 の発言:
……え、と……
舞 の発言:
……や、た、大したことじゃないよ?
真理 の発言:
舞は分かりやすい……
舞 の発言:
え……
真理 の発言:
今、泣きたそうな目をしてる……
舞 の発言:
そ、そうかな……?
真理 の発言:
そう
舞 の発言:
そう……なんだ
真理 の発言:
話すの……嫌……?
舞 の発言:
そ、そんなんじゃ……ないけど
舞 の発言:
で、でも……――ちゃんに迷惑かけちゃうし、ほ、ほんとに大した問題じゃないんだよ? 私が……
舞 の発言:
……
真理 の発言:
(平手で頬に触る
舞 の発言:
ん……だいじょうぶ……
舞 の発言:
だいじょ……うぶ……
真理 の発言:
私は、舞のそんな顔を見るのが、辛い……
真理 の発言:
だから、話してくれると……嬉しい
舞 の発言:
……う、ん
舞 の発言:
…………
舞 の発言:
……ごめん、やっぱり、今、泣きそう……かな
真理 の発言:
(頭を撫でる
舞 の発言:
っ……
舞 の発言:
……あは、やっぱり、泣いちゃった……
舞 の発言:
ごめ、んね……ごめんね……――ちゃ……めい……わく……
真理 の発言:
私は、迷惑だとは思っていない
真理 の発言:
むしろ、嬉しいと……思ってる
舞 の発言:
……ん(袖をぎゅっと掴む
真理 の発言:
よしよし……(頭を撫でる
舞 の発言:
……あぅ
真理 の発言:
悲しくなったら、遠慮せずに、頼って欲しい
真理 の発言:
だって、友達、だから……
舞 の発言:
……うん、ありがと、――ちゃん。ちょっと、落ち着いた……かな
真理 の発言:
それはよかった
舞 の発言:
ん……あのね、――ちゃん
舞 の発言:
ちょっとだけ、悩み事を聞いてくれる?
真理 の発言:
(無言で頷く
舞 の発言:
ん……と、じゃあ……
舞 の発言:
(どうやって話そうかな、かな。桜ちゃんと付き合っていることは、一応秘密にしたいし……)
舞 の発言:
あの、ね。えぇっと……
舞 の発言:
朝って、ちょっと眠い……よね?
真理 の発言:
……?私は、いつも辛くないけど……
舞 の発言:
……あぅ。そ、そうなんだ
真理 の発言:
うん
舞 の発言:
んー……
舞 の発言:
あ、あのね。えと……わ、私の悩みは……
真理 の発言:
(じっと見つめる
舞 の発言:
……あ、朝……
真理 の発言:
朝……?
舞 の発言:
……起きられないこと、なの
真理 の発言:
!……?
舞 の発言:
(……あぅ、ふ、不思議がられている)
舞 の発言:
え、えーとね、私、朝に弱くって、目覚ましとか設定してもその、いつの間にか二度寝
舞 の発言:
とか……しちゃっていたり……
舞 の発言:
そ、それで遅刻しそうになって、今日、さ……と、友達を待たせちゃって
真理 の発言:
友達は……何て……?
舞 の発言:
え……と
舞 の発言:
私のせいで、遅刻しそうになった……って感じのことを言っていた、かな
真理 の発言:
よく、分からないけど……
真理 の発言:
それは、本気で……怒ってたの?
舞 の発言:
……んと
舞 の発言:
呆れてため息を吐いていたから……
舞 の発言:
たぶん、結構怒っていたと思う。口もあまりきいてくれなかったし……
真理 の発言:
その人のこと、あまり知らないけど……多分、大丈夫……だと思う
舞 の発言:
そ、そうなの?
真理 の発言:
本当に、気にするなら……待たないと、思うし……
舞 の発言:
……あ
舞 の発言:
(……そっか。なんだかんだいって桜ちゃん、私が起きるまで待っていたから……遅刻しそうになったんだ)
舞 の発言:
で、でも、やっぱりそういうのって、だらしないし……
真理 の発言:
気に、してるなら……少しずつ直せば……いいと思う
舞 の発言:
……うーん、そうなのかな……
真理 の発言:
そう、だよ……
舞 の発言:
(……確かに、桜ちゃんってそういうこと、あんまり気にする人じゃないような……)
舞 の発言:
(……でも、そうしたら……なんで、機嫌悪かったんだろ、桜ちゃん)
舞 の発言:
(……なんか、他に私の悪いところとか……)
舞 の発言:
あ、あのね、――ちゃん。
真理 の発言:
何……?
舞 の発言:
――ちゃんから見て、その……わ、私のダメなところで許せないところって、ない?
真理 の発言:
……?
舞 の発言:
えと……もしかしたら、そのせいでその人の機嫌が悪くなったのかも、って
真理 の発言:
機嫌が、悪くなる前を思い出せば……
舞 の発言:
悪くなる前……
舞 の発言:
……えーと
舞 の発言:
(私を起こしに来て……それで……パ、パジャマを……)
舞 の発言:
……///
真理 の発言:
どう、して……赤く……?
舞 の発言:
え、い、いやその……な、なな、なんでも……
真理 の発言:
……?
舞 の発言:
(ううっ、パ、パジャマを脱がされたなんていえないよ……)
舞 の発言:
な、なんでもないよ……うん。なんでもない
真理 の発言:
そう……?
舞 の発言:
うん、ほんとに……なにも……///
真理 の発言:
それ、なら……いいけど……
舞 の発言:
(でも、本当になんで……あっ)
舞 の発言:
(も、もしかして私……太ってるって思われた!?)
舞 の発言:
(ヨロッ
真理 の発言:
どう、したの……?
舞 の発言:
あ、えっと……ちょ、ちょっと眩暈が……
舞 の発言:
(そっか、だからパジャマ脱がした時に……)
真理 の発言:
保健室、行く……?
舞 の発言:
(保健室……か。こっそり体重はかるとか……い、いやいや、なに考えているの、私!?)
真理 の発言:
……?
舞 の発言:
(今、昼休みだから……時間的には、まだ余裕がある……よね)
舞 の発言:
(……気になったままだと授業に集中できないかもだし……行って、誰もいなかったらこっそり計ろうかな……)
舞 の発言:
ん、ちょっと、念のために行っておこう、かな……
真理 の発言:
ん、分かった……
舞 の発言:
うん……じゃあ、行ってくるね
真理 の発言:
行ってらっしゃい……
舞 の発言:
……あ、――ちゃん
真理 の発言:
……ん?
舞 の発言:
……ありがとっ
真理 の発言:
……ん
真理 の発言:
どういたし、まして……
舞 の発言:
じゃあ、あとでね(手を振る
真理 の発言:
うん、また……後で……
スポンサーサイト
第0話

第1話(前編)

第1話(中編A)

第1話(中編B)

第1話(後編)

☆キャラクター紹介


S。舞の彼女。
得意技はアイアンクロー。
胸が大きくないのか小さいのかは読者の妄想で。


M。桜の彼女。
朝は弱い。胸は大きい

恵里
元気娘。真理の姉。
桜のクラスメイト。
百合という単語に違和感を覚える程度には常識人。
しかし、女子高で百合に理解がないとか何なの?(ぁ

真理
クーデレ。恵理の妹。
正直、これ以上彼女を説明できない。私の役だけど。

☆その他色々
桜舞い散る。という書き始めた時点では時期にあった言葉から取った。
と言いつつ、実はSとMの頭文字。
舞の発言:
(コンコン
舞の発言:
失礼します――って、あれ? 誰もいない…?
舞の発言:
(…昼休み、だからかな。でも、ちょっと好都合…なのかな?)
舞の発言:
体重計は――えぇっと…
桜の発言:
はぁ、――のせいで憂鬱だわ…(扉を開ける
舞の発言:
…え?
舞の発言:
さ、桜ちゃん…?
桜の発言:
舞…?どうして、ここに…?
舞の発言:
あ、えと…ちょ、ちょっと体調悪くなっちゃって…
舞の発言:
(た、体重測りに来たなんて言えないよね…)
桜の発言:
そう…
舞の発言:
さ、桜ちゃんは?
桜の発言:
私は――がうるさいから、こっちに避難してきたのよ
舞の発言:
あ、あはは、なんていうか、――ちゃんって元気だよね。
桜の発言:
えぇ、あのエネルギーが頭に回れば、さぞや日本に貢献出来たでしょうに
桜の発言:
まったくもって、残念だわ
舞の発言:
う、うーん…で、でも、――ちゃんが元気だと皆元気になるよね
桜の発言:
そう?私はかなり生気を奪われてる気がするけど
舞の発言:
そ、そうなの?
桜の発言:
えぇ、しかも、今日は気分も悪くなったわ
舞の発言:
…?
桜の発言:
何でも……ないわ
舞の発言:
桜ちゃん…?
桜の発言:
そんなことより、言いたいことがあるのよ
舞の発言:
…え?
舞の発言:
(な、なに…かな…って、やっぱり、朝のこと…だよね)
桜の発言:
さっきは、ごめんなさい(深々と頭を下げる
舞の発言:
…え? さ、さくら、ちゃん?
桜の発言:
さっきは少し、調子に乗りすぎたと思っているわ
舞の発言:
さっき…って
舞の発言:
も、もしかして…朝の?
桜の発言:
そうよ
舞の発言:
あ、朝…の…(赤面
桜の発言:
そうよ
舞の発言:
…///
舞の発言:
あ、あの、桜ちゃん…
桜の発言:
なに?
舞の発言:
え、えっと…ね
舞の発言:
そ、そんなに嫌じゃない、から…
桜の発言:
…?
舞の発言:
あ、う…その…
舞の発言:
わ、私は、桜ちゃんのこと、その、だ、だだ、だいす…きだから…
舞の発言:
そーいうことされても、その…なんていうか(ごにょごにょ
桜の発言:
…じゃあ、さっきは何でぼうっとしてたのよ
舞の発言:
え…そ、それは…
舞の発言:
…桜ちゃんに、嫌われたかもって…
桜の発言:
…待って、一体、何のことを言っているの?
舞の発言:
だ、だって!
舞の発言:
桜ちゃん、あの後黙り込んじゃったし、ため息も…
舞の発言:
わ、私、寝ぼけていたから、あきれられたんだって思って…それで…
桜の発言:
…あの時、私は呆れたんじゃなくて――
桜の発言:
その、胸が大きいと……
舞の発言:
…へ…?
舞の発言:
む、む…ね…?
桜の発言:
…そうよ
舞の発言:
わ、わたしの…?
桜の発言:
…何?全部言わせる気?
舞の発言:
あ、あう…えっと…
舞の発言:
…そ、そうだった、んだ
桜の発言:
…えぇ、そんなこと、よ
舞の発言:
……
舞の発言:
…あ、あのさ、桜ちゃん
桜の発言:
…何?
舞の発言:
ま、間違ってたらごめん。でも…
舞の発言:
…もしかして、胸の大きさとか気にしてるの?
桜の発言:
…何?私じゃあ気にしてたらキリがないとでも言いたいの?
舞の発言:
そ、そーゆうのじゃなくて…
舞の発言:
その…桜ちゃん、スタイルいいし…
舞の発言:
む、胸だって、その…えと…綺麗っていうか…あの…(ごにょごにょ
舞の発言:
だ、だからっ、あの、ぜ、全然気にしなくても――
桜の発言:
…なんかムカつくわね
桜の発言:
何をすればこんなに大きく育つのかしら(揉む
舞の発言:
ひゃうっ!?
舞の発言:
あ、ちょっ、や、やめっ、桜ちゃ…こ、ここ学校…!
桜の発言:
そうね、今はこれくらいで勘弁してあげるわ
舞の発言:
あう…///
舞の発言:

舞の発言:
…今、は?
桜の発言:
えぇ、今は
舞の発言:
……
舞の発言:
あの、桜ちゃん?
桜の発言:
何?
舞の発言:
い、いや、な、なんでそんなに嬉しそうな顔しているのかなぁって…
桜の発言:
…そうかしら?
舞の発言:
う、うん、なんか…その…今までにないぐらいに嬉しそうな…ような…
桜の発言:
そう…かもね
舞の発言:
…あ、あの桜ちゃん?
桜の発言:
…何?
舞の発言:
えーと…な、なんでずっと私のこと見ているのかなーって…
桜の発言:
…可愛いから?
舞の発言:
…あう
舞の発言:
(…何か、桜ちゃんの目がちょっと怖い気がするけど…気のせい、なのかな)
舞の発言:
キーンコーンカーンコーン
舞の発言:
…あ
桜の発言:
授業、始まるわね
舞の発言:
い、急がなきゃ…
桜の発言:
じゃ、またあとで
舞の発言:
う、うん…あ
舞の発言:
あの、桜ちゃん
桜の発言:
何?
舞の発言:
えと…私、朝とか苦手だけど…
舞の発言:
が、頑張って起きれるようにするから、その…(もじもじ
舞の発言:
嫌いに…ならないでね…?
桜の発言:
…どうしようかしらねぇー
舞の発言:
はう…
桜の発言:
冗談よ
舞の発言:
ほ、ほんと…?
桜の発言:
ほんとよ、私が舞を嫌いになるわけないじゃない
舞の発言:
よ、よかったぁ…(パァァ
桜の発言:
…舞も、私のことを――
舞の発言:
え…?
桜の発言:
何でも、ないわ…
舞の発言:
…あ
舞の発言:
さ、桜ちゃんっ!
桜の発言:
…何?
舞の発言:
あの、その、わ、私も…
舞の発言:
私も、桜ちゃんのこと…大好き、だよ
桜の発言:
…ありがと(なでなで
舞の発言:
…えへへ
舞の発言:
あ、そ、そろそろ授業始まっちゃうから…
桜の発言:
そうね。…早退しちゃう?
舞の発言:
へ?
桜の発言:
冗談よ
舞の発言:
…そ、そうだよね。あはは…
桜の発言:
それじゃ、また後でね
舞の発言:
う、うん、それじゃ…(小走りで去る
?の発言:
…(保健室向かい側の教室
恵里の発言:
…え、えらいこっちゃ…
舞 の発言:
…ん
舞 の発言:

舞 の発言:
…む?
桜 の発言:
あ、起きた
舞 の発言:

舞 の発言:
…Zzz
桜 の発言:
なに二度寝してるの。置いていくわよ
舞 の発言:
…んー?
舞 の発言:
んぅ、あと…
桜 の発言:
…さて、こんにゃくを顔につけるまであと5秒ー
桜 の発言:
はメンドクサイから今すぐ付けちゃえ
舞 の発言:

舞 の発言:
ひはわぁっ!?
舞 の発言:

桜 の発言:
起きた?
舞 の発言:
…あれー、なんで桜ちゃんがあたしの部屋にー?
桜 の発言:
あーら、私の言ったことをもう忘れたわけ?
桜 の発言:
いい度胸してるのねー
舞 の発言:
…んぅー?
舞 の発言:
んー…
舞 の発言:
(チラッ
舞 の発言:
むー…
舞 の発言:
(まだこんな時間…に起きているのはありえないから…)
舞 の発言:
(…まだ夢の中?)
舞 の発言:
…おやすみなさーい
桜 の発言:
そう、じゃあその可愛らしいおでこに肉って書いてあげようかしら。油性ペンで
舞 の発言:
Zzz…
桜 の発言:
ペンはどこにあるのかしらっと…
舞 の発言:
むにゃ…
舞 の発言:
む…んぅ…
桜 の発言:
あ、あった
舞 の発言:
…やっ
桜 の発言:
あら、やっと起きたの?今日だけで似たようなことを2回くらい言わされた気がするけど
舞 の発言:
…あぅ、桜ちゃん…
舞 の発言:
だめだよぅ…そんな…
桜 の発言:
何言ってるのよ。これくらいはいいじゃない
舞 の発言:
やっ、そこ…
桜 の発言:
…まだ、起きてないのかしら
舞 の発言:
…んー…
桜 の発言:
ふぅ、しょうがないわねぇ。…脱がせますか
舞 の発言:
…スー…
桜 の発言:
…寝たふり?
桜 の発言:
えい(デコピン
舞 の発言:
ひゃっ
舞 の発言:

舞 の発言:
…んぅー?
桜 の発言:
どれだけ寝惚けてるのかしら、この子…
舞 の発言:
…はれー、桜ちゃんだぁ
舞 の発言:
おは…よ…?
桜 の発言:
おはよう、とりあえず寝癖とかはどうにかしなさい
舞 の発言:
う、うん…あの…
桜 の発言:
言い訳を聞いている暇はないわ。舞のおかげで私まで遅刻するかも知れないじゃない
舞 の発言:
えと…そーじゃなくて…
桜 の発言:
何かしら?どもってないで早く言いなさい
舞 の発言:
あ、あの。な、なんであたしのベッドの中に入っているの?
桜 の発言:
肉って書こうと思ったのだけど、それはさすがに可愛そうだからってことで脱がせてあげようかと思って
舞 の発言:
ぬ…!?
桜 の発言:
ほら、起きたなら早く自分で脱ぎなさい
舞 の発言:
あ、うん、でも…その…
舞 の発言:
は、恥ずかしいから…後ろ向いていて欲しいな…なんて…(ごにょごにょ
桜 の発言:
いいじゃない、減るものじゃないんだし
舞 の発言:
あぅ…で、でも…はずかし…
桜 の発言:
恥らってる暇はないのよ。舞を起こすまでにどれだけかかったことか…!
舞 の発言:
やっ、ちょっ、桜ちゃんっ!お、おお、おちついてー!?
桜 の発言:
うるさいっ!さっさと支度しなさいっ!
舞 の発言:
だからって脱がさないでー!?
桜 の発言:
…大きい
舞 の発言:
はぅぅ…
桜 の発言:
…もういいわ、さっさと…支度なさい(ヨロヨロ
舞 の発言:
(あぅぅ、み、見られた…見られた…)
舞 の発言:
(…と、とにかく…仕度しよ…)
舞 の発言:
数刻後
舞 の発言:
お、お待たせ…
桜 の発言:
…行くわよ
舞 の発言:
う、うん…
舞 の発言:
(なんか…怒ってる…?)
桜 の発言:
(まさか、あそこまで大きいなんて…もう、完敗どころか勝負にもなってないじゃない…)
舞 の発言:
(どうしよ…もしかして…寝癖とか凄かったから…)
舞 の発言:
(…いきなり、嫌われて)
桜 の発言:
はぁ…
舞 の発言:
(ビクッ
舞 の発言:
(あ、呆れられた…? 私がだらしないから…?)
桜 の発言:
(大きくなる運動ってあるけど、あれって本当に効果があるのかしら…)
舞 の発言:
…(トコトコ
桜 の発言:
(あれ…?いつの間にか舞が先に歩いてる?)
桜 の発言:
どうしたのよ
舞 の発言:
(そうだよね。桜ちゃん真面目だし…だらしない人とか、あんまり好きじゃなさそうだし…)
舞 の発言:
(嫌われちゃったの…かな)
桜 の発言:
舞。聞いてるの?
舞 の発言:
(…せっかく、桜ちゃんに…好きだって、言ってもらえたのに私、私…)
舞 の発言:
(だめな…子だ…)
桜 の発言:
舞!返事しなさい!
舞 の発言:
(ビクッ
舞 の発言:
あっ、うっ、ごっ、ごめんなさい…!
桜 の発言:
…何で私を鬼を見るように怯えてるのかしら
舞 の発言:
え…あ、あの…
舞 の発言:
(どうしよう…桜ちゃん、ほんとに怒っている)
桜 の発言:
(さっき襲ったのがトラウマにでもなったのかしら…)
舞 の発言:
(私、私が…いけないんだ…こんな、だらしなくて…)
桜 の発言:
(確かに、初日にしてはやりすぎた、かしら?)
舞 の発言:
(謝らなきゃ…)
桜 の発言:
今日の放課後、あとで舞の家に行くから
舞 の発言:
…えっ?
桜 の発言:
じゃあ、クラスは別だからここでお別れね
舞 の発言:
あっ舞
舞 の発言:
まっ、待って、桜ちゃん!
桜 の発言:
キーンコーンカーンコーン
舞 の発言:
あ――
舞 の発言:
っ、桜ちゃっ…
桜 の発言:
(スタスタ
舞 の発言:

舞 の発言:
(避けられ…た…?)
舞 の発言:
(嫌われて…避けられ…て…)
舞 の発言:
…わた…し…
舞 の発言:
ダメな子…だ…
桜の発言:
はぁ・・・
恵里 の発言:
んぁ?
恵里 の発言:
おーい、さくらっ、どしたそんなため息ついてー
桜の発言:
どうしたもこうしたもないわよ・・・
桜の発言:
近くで見て分かったけど、舞って意外と胸が大きいのね
恵里 の発言:
まい? あー、3組の舞っちかー
恵里 の発言:
んー、うちら隣のクラスだから体育とかも一緒だよね
桜の発言:
体育の時はいちいち見てなかったけど、何で今まで分からなかったのか不思議だわ・・・
恵里 の発言:
んむむ、着やせするタイプっているよねー、とゆーか
恵里 の発言:
近くで?
桜の発言:
えぇ、近くで
恵里 の発言:
どんぐらい?
桜の発言:
そうね、腕を前に伸ばして届く範囲くらいかしら
恵里 の発言:
ほー
恵里 の発言:
こんぐらい?(フニャ
桜の発言:
・・・アイアンクローとボディーブローのどっちが好みかしら?
恵里 の発言:
エロちっくにこぶらつい・・・ちょっ、桜っ、その顔こわーっ!般若も真っ青だよっ!?
桜の発言:
何を言ってるのよ私の笑顔は泣く子も黙るのよ?
恵里 の発言:
笑う子が泣き出す、の間違いじゃないのー?
桜の発言:
何を言ってるのよ泣く前に黙らせ・・・笑顔になるわ
恵里 の発言:
今、黙らせるとか言わなかった?
桜の発言:
幻聴よ
恵里 の発言:
さくらって難しい言葉しってんなー、空耳でいいじゃんさー
桜の発言:
空耳って何かウサミミとかネコミミを連想させて嫌なのよ
恵里 の発言:
・・・え?なにそれ?新手のジョーク?
桜の発言:
私は冗談なんて一度も言ったことが無いわ
恵里 の発言:
ふへー・・・まー、さくらってばまじめちゃんだからねー 毎日そんなにピシッ、ってしていて疲れないのかー?
恵里 の発言:
あ、でも
桜の発言:
・・・何よ?
恵里 の発言:
いやなー
恵里 の発言:
さくらってさ、舞っちとよく話すよーになってからは、少し変わったかなーって
恵里 の発言:
そー思った
桜の発言:
・・・そうね、舞と知り合ってから何かを守ることを知った気がするわ
桜の発言:
あと、ああいう子は反応が面白いってことも
恵里 の発言:
・・・ふーん
恵里 の発言:
やっぱりなぁ
桜の発言:
何がよ
恵里 の発言:
んふー、いやねー
恵里 の発言:
さくら、舞っちのこと話している時さ、ちょっと嬉しそうだなーって
桜の発言:
えぇ、恋人ののろけ話は意外と楽しくなるものね
恵里 の発言:
ふはは、そーだよねー、恋人の惚気・・・
恵里 の発言:
・・・・・・え?
桜の発言:
何よ文句でもあるの?
恵里 の発言:
・・・・・・
恵里 の発言:
えーと
恵里 の発言:
さくらっちってさ、女の子だよね
桜の発言:
そうね、どう見ても男には見えないわね
恵里 の発言:
で、ですよねー
恵里 の発言:
・・・んでさ、舞っちも・・・女の子だよね・・・
桜の発言:
実は男だったのよ
恵里 の発言:
・・・
恵里 の発言:
(ポカーン
桜の発言:
・・・どうしたのかしら?
恵里 の発言:
あー・・・
恵里 の発言:
む、胸が大きいって言っていたよね?
桜の発言:
・・・舞は大きいわね
恵里 の発言:
あー・・・胸板が大きいってこと? あれか? 舞っちってあんなに可愛い顔しといて股間には(SE:ズキューン)が付いているってこと? そういうことなのかー?
桜の発言:
公共の場でそんなこと言わないでくれる?私まで同じみたいに思われるじゃない
恵里 の発言:
いや、で、でも、股間に(SE:ズキューン!)だよっ!? そんなずきゅーんでばきゅーんでずばきゅーんなもんが付いているんだよっ!? あの顔で!?
桜の発言:
少し、頭を冷やしなさい・・・?
恵里 の発言:
いやいやおかしいってばさくらっ! ずきゅーんでばきゅーんでずばきゅーんでずばずばきゅ
桜の発言:
(無言でアイアンクロー
恵里 の発言:
あがががっ、きしむきしむっ、ギブギブッ!?
桜の発言:
まったく、下ネタを連呼するなんてどうしたのよ?
恵里 の発言:
い、いやいや・・・どーしたもこーしたもさぁ
恵里 の発言:
さくらっち、ここってさ・・・女子校よ?
桜の発言:
そうよ?それがどうかしたの?
恵里 の発言:
・・・あー
恵里 の発言:
ちょっと待って、頭が痛くなってきた
桜の発言:
ない脳みそを使おうとするからよ
恵里 の発言:
耳に痛い発言は華麗にスルーしてまとめると・・・えーと、だまず、舞っちの胸が思ったよりも大きいと
桜の発言:
そうね
恵里 の発言:
うん、で、次に、さくらと舞っちが付き合っている、と
桜の発言:
そうね
恵里 の発言:
・・・うん、んで、だこっからが問題なんだわ
恵里 の発言:
ここ、女子校
桜の発言:
・・・一体、何が言いたいの?
恵里 の発言:
いや、だって、さくらが言うには、舞っちって・・・お、男?
桜の発言:
何馬鹿なことを言ってるのよ私は正真正銘の女よ
恵里 の発言:
いやいや、桜っちはそりゃ女の子だけどさ
恵里 の発言:
えーと・・・つまりあれだ
恵里 の発言:
仮に、だよさくらは女の子でしょ?で、舞っちも女の子だとする
恵里 の発言:
そーなると女の子同士じゃん?
桜の発言:
そうね
桜の発言:
何か問題があるかしら?
恵里 の発言:
・・・あー
恵里 の発言:
レ・・・ゆ・・・えーと・・・えーと・・・
桜の発言:
レズか百合ね
恵里 の発言:
・・・
恵里 の発言:
マヂっすか?
桜の発言:
マジもマジよ大マジよ
恵里 の発言:
・・・
恵里 の発言:
そ、そっかぁ(ちょっと後じさり
桜の発言:
何引いてるのよ
恵里 の発言:
えっ? い、いやいやー、引いてないよー、うん、引いてないさー
恵里 の発言:
んー・・・
恵里 の発言:
(・・・冗談かな? 舞っちが男だってのもあきらかに冗談っぽいし・・・)
恵里 の発言:
(あ、いや舞っちが男なのが冗談で、付き合っているのは本当なのか・・・?)
恵里 の発言:
(いやいや、でも・・・うーん・・・)
桜の発言:
何をそんなに悩んでるのよ
恵里 の発言:
えー、だってさぁ
恵里 の発言:
(ん? でも待てよ・・・)
恵里 の発言:
(さくらっちは真面目それは確定だから・・・レズ・・・とか、そんなことになった場合、悩むはずだ)
恵里 の発言:
(なのに、悩んでいないってことは・・・ははーん、冗談かそっか、さくらっちも冗談がわかるよーになったのか、んで、あたしをからかおーって魂胆だなぁ?)
恵里 の発言:
いやー、そーだね、何で悩んでいるだろっ
桜の発言:
ほんとね今までのあなたからは考えられないくらい悩んでいたわもう、今後あなたがこれ以上悩むことなんてないでしょうねおめでとう
恵里 の発言:
はははー、ありがとー
恵里 の発言:
んで、おめでとうついでに聞くけどさー(ニヤニヤ
桜の発言:
何よ?
恵里 の発言:
んふー、いやねー、恋人同士つうことはキスとか、ちょっと口では言えないよーなこともするってことだよねー
桜の発言:
具体的にはどういう行為なのか言ってくれないと分からないわ
恵里 の発言:
えぇー、ふふーん、わかっているくせにー、このこのっ
桜の発言:
でも、まだ付き合って1日目だし何もないわよ
桜の発言:
そうね、キスをしたくらいかしら
恵里 の発言:
(ごめん、ちょっと席をはずす)
桜の発言:
はーい
恵里 の発言:
おk、やーすまんかったね
恵里 の発言:
続けよか
桜の発言:
うん
恵里 の発言:
キ・・・ふーん、キスかー
桜の発言:
えぇ、キスね
恵里 の発言:
ふーん・・・(よし、からかってやろっ)
恵里 の発言:
(ニヤニヤ
桜の発言:
・・・何、さっきからニヤニヤしてるのよ気持ち悪いわね
恵里 の発言:
んー、いやねぇ
恵里 の発言:
今時で、恋人同士でキスですよー、初々しいねー、奥手だねぇー、って思ってさ
桜の発言:
まぁ、舞もゆっくりの方がいいでしょうしね
恵里 の発言:
ふーん・・・?
恵里 の発言:
でもさぁ、今時だよ?恋人なのにあれやこれもしないってのは、ある意味淡白なんじゃないのー?
桜の発言:
何を指してるのかは分からないけど、いずれはするつもりよ?
恵里 の発言:
いずれ・・・ねぇ・・・ふふーん?
恵里 の発言:
でもさ、そのいずれっていつぐらい?
桜の発言:
そうねぇ・・・2ヶ月くらい?
恵里 の発言:
2ヶ月・・・!
恵里 の発言:
さくら・・・もしかして、今、2ヶ月って言った・・・!?
桜の発言:
・・・?それがどうかしたの?
恵里 の発言:
・・・遅い
恵里 の発言:
・・・おそーい
恵里 の発言:
スロォォウリィィィッ!!
桜の発言:
・・・あのね、あの子はあなたと違って純情なのよそういうことに奥手なのよ分かる?
恵里 の発言:
そしてあまーい!
恵里 の発言:
あのね、さくらっち、純情ってことはさ、いわゆるあれだ、ほら、色で言えばさ、白だよ?
桜の発言:
そうね・・・?
恵里 の発言:
つ・ま・り
恵里 の発言:
2ヶ月なんて悠長なことやっていたら・・・
恵里 の発言:
舞っちは他の人に染められるかもしれないんだよー!?(SE:ババーン!)
桜の発言:
何を言うかと思えば・・・そんなことをしようとする輩がいたら、潰すわよ
恵里 の発言:
ふふーん、だから、甘いんだよぅ
恵里 の発言:
潰すっていうけどさ、具体的にはどうするわけー?
桜の発言:
そうね・・・埋める?
恵里 の発言:
おぉぅ!アグレッシヴ!でもでもぉー
恵里 の発言:
埋めるにしても潰すにしても・・・その前に舞っちがその人色に染め上げられていたらどーするー・・・?
恵里 の発言:
そうしたらー、そうだったら・・・
恵里 の発言:
さくらっち、負けちゃうよぉ?
桜の発言:
・・・なーに、あなた、私に喧嘩でも売ってるのかしら?
恵里 の発言:
いやいやめっそーもないー
恵里 の発言:
でもさー、舞っちはあれだ、あんなに可愛らしいんだからさ
恵里 の発言:
潰すにしても潰しきれないしー
恵里 の発言:
それにさ、昔っから言うじゃん、戦は質より量・・・ってね
恵里 の発言:
ほんとに大丈夫なのかなー、そんなに悠長でー
桜の発言:
・・・それでも、あの子が嫌がることをするくらいなら、そっちの方がマシよ
恵里 の発言:
ふふーん、あの子が嫌がるなら・・・ねぇむしろ逆かもよー?
恵里 の発言:
舞っちはもっともっとさくらっちと・・・ごにょごにょ・・・なことをしたがっているかもねー
恵里 の発言:
なのに構ってくれないとなったら・・・
恵里 の発言:
・・・浮気しちゃうかも?
桜の発言:
・・・何?そんなにアイアンクローが好きなのかしら?
恵里 の発言:
んふー、アイアンクローなんて好きなだけするが・・・あっ、ちょっ、そこんところは冗談だからマジ顔にならないで欲しいなっ、ねっ、ねっ?
桜の発言:
(無言でアイアンクロー
恵里 の発言:
ぐふぉぁっ・・・ぐぐぐ・・・ぎぶ・・・ぶはっ・・・
桜の発言:
まったく、私を虐めようと思うからそんなことになるのよ
恵里 の発言:
ぐっ・・・ぜー、ぜー、ま、マジに本気だったね、今のアイアンクロー・・・まさしく鋼鉄っ・・・!
恵里 の発言:
(ま、内心でだいぶ動揺しているってことだよねぇ、んふふー・・・)
恵里 の発言:
ま、まぁでも一応さ、もーちょっと積極的でいいんじゃないのー、って言っておくよ
恵里 の発言:
だいたいさー、あの子あの子って、さくらっちらしくないねー、もっとこう、我がままでよくない? 舞っちはいい子だからそれでナイスバランスよ?
桜の発言:
うるさいわね、それ以上言うとまたアイアンクローをするわよ
恵里 の発言:
おぉっと、ご勘弁をー
恵里 の発言:
(これぐらいでいいかなーふふーん、さくらっちが私をからかおうなんて十年早いのさー♪)
恵里 の発言:
(・・・ん?でも動揺・・・?あれ・・・?)
恵里 の発言:
(・・・・・・まぁいっかー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。