スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説うんぬんかんぬん

戦闘シーンを見るたびに小説を書きたがる私はもはや末期。
しかも、結局は書けずに消化不良で終わるという悪夢。(何



まぁ、上のはどうでもいいとして、小説を書く上でいくつか迷ってる部分が。
①1話につき文字数はどれくらいが読みやすいのだろうか?
②作者として、設定などを書ききるべきなのかどうか?
の二つ。
どちらも人によって大分違うんですよねぇ・・・(何
とりあえず、このブログの閲覧者に聞いてみることに。
①は500文字単位でお願いします。一応。(何
②については、ほとんどの設定を小説で書くべきか、深くは書かずに想像の余地を与えるべきかというものです(何

というわけで、コメよろしく(ぁ
スポンサーサイト

COMMENT

高島れん URL @
04/24 20:10
. 1、ライトノベルなどの文庫本だと一節辺り原稿用紙10枚前後だと思う。一章70枚で合計400枚分とかになりそうじゃない? オンラインの中篇小説だと一章20枚で総合200枚とか、そういう書き方があるかな。

2、物語の概要を決定した段階で設定を濃密に構築しておくのは良いけれど、それを全て描写する、あるいは必要な描写まで制限するのは違うんじゃないかな。
 そうではなくて物語を生成する上で読者にとって必要な情報を選択して提示する。ただし背景・人間の表情などの具体的描写は修飾的な役割もあるので重要。過不足なく、という度合いが難しい。
 4W1H。いつ。どこで。なにを。なぜ。どのように。
 いつ、は可能な限り簡潔に。どこでは周囲の状態を描写してもよい。設定の風呂敷は不必要に広げないほうが良さそう。

 偉そうに長々とごめんなさい。








 

TRACKBACK http://roziura.blog41.fc2.com/tb.php/257-48dc4e15

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。