スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンス&プリンセス(仮 ~序章~

町の外れの墓地に金髪で髪を両側で縛っている少女が一人で立っていた。
歳は14、5歳くらいの、まだ幼い少女。
少女はそのまま、何かを待つようにして目を閉じながらじっとしている。
これだけなら、場所を除けば彼氏と会う約束をしているようにも見えなくはない。
ただ、その手に握られていたのは銀色の殺意。
いわゆる、刀という物だ。
しかし、その大きさは普通の刀とは思えない。
そして、そんな刀を持ってる少女も到底、普通とは言えない。
「はぁ・・・。どうして私はこんなことをしてるんだろ・・・」
誰に言ったわけでもない、ただの独り言。
「今日は・・・。20くらいかな?」
そう呟いた時、茂みから5人もの男達が現れる。
その男達は皆、鉄パイプなどの武器を持っている。
「まったく、あんた達のせいで私の睡眠時間が減るじゃない!」
そして、少女は言い終わる前に一番先頭の男の首を切っていた。
少女はさらに続ける。
「乙女の美肌を保つには、適度な睡眠が必要なんじゃ、ボケー!」
およそ、美少女とは思えない口調で話し続ける。
そして、3人目の首を切り終わっていた。
4人目の男が少女を鉄パイプで叩こうとする。
しかし、その前に少女の一撃が鉄パイプごと男の身体を切りさく。
さらに、刀は止まる事なく5人目を切りさく。
その瞬間、前後から男達が一斉に襲い掛かってくる。
その数は約10人。
しかし、少女は慌てた様子もなく
「魔力開放、防御壁展開」
そう言うと、少女の後ろから迫ってきた何人かが何かにぶつかったかのようによろめく。
そして、前から迫ってくる何人かはあっさりと少女に切り捨てられる。
「ハァァァ!!」
少女は即座に振り向き、叫びながら遠心力を加えた一撃を放つ。
その攻撃は残りの5人をニ分割するのに十分すぎる威力だった。
少女はバランスを崩しそうになるが、なんとか耐える。
「あれ・・・?残りは勝手に『闇』に戻ったのかな?」
少女の周りには、死体や血は一切、残ってなかった。
「ふぅ、とりあえず報告に戻るかな・・・」
そう言って、少女は闇の中に消えた。

.

さて、死ぬか!(ぁ
・・・冗談です(何
今回の小説は理奈嬢とLさんのブログが閉鎖するので、そのために用意したものです。(何
ちなみに、序章だから、当然の如く続きがあります。ていうか、これだけじゃあ大部分の人に変人だと思われ(ry
いや、最初は2000文字くらいにしようとしたんだよ?でもね、間違いなく不可能です(ぁ
第1章で1500は超えそうな勢いなのに、2000文字とか不可能です(何
ついでに、今の内にやるべきことをまとめると
☆リレー小説
☆ハルキヨさんの企画の援護
☆ポイント争奪戦
☆これの完成
☆誰も覚えてないかもしれない詩モドキの完結
☆BLOOGY-Gのスタート、及び完結
☆小説投稿コーナーの作成
☆俺屍のプレイ記を書く

ちょっと待ってよ・・・orz
下二つ以外は絶対に外せないとか、本当に(ry
一応言っておくと、これはネットでやること限定です。
リアも含めれば、さらに増えるゾ☆ ・・・orz
しかも、今後も増える可能性大だゾ☆ ・・・orz
・・・どうしよっか。(ぁ

P.Sこれのタイトルを考えてくれたのはアイクレスさんです。本当に(ry
スポンサーサイト

COMMENT

馬の骨 URL @
03/25 21:23
. コメントをどうぞ
ルリ URL @
03/27 23:53
本当に書いたんだ……(ぇ. 本当に書いたんですね、この小説(ぇー

しかも展開暗いし、……まあやる事多いみたいなんで別に良いでしょう(←何様だ

小説なんて最近書く気失せt(強制終了
何でリクエスト恋愛物ですか?イジメですか?(氏

とりあえずこの小説の完成は多少遠いかも……しれないし違うかもしれませんね(黙

でゅわでゅわ(氏ね ノシ
通行人A URL @
03/28 21:31
. >骨さん
ちょ、私にどうしろとw

>ルリルリ
有言実行は私の決り文句です☆(何

え?これでも、大分明るめに書いたのに(ry

一つ言える事は、今月中の完成は不可能ということだけです(死








 

TRACKBACK http://roziura.blog41.fc2.com/tb.php/32-a1d207c1

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。