スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやいやいやいや

コメント18件ってなんぞwwwwww






こういうのを求めていたんだよ!(挨拶



もし、この記事を書かなければもっと長くなるのでは?とか思うけど、連休に突入したら返せないのでとっとと書いていきます


コメ返信だけでも長くなるとか!不思議!


>勝敗さん①
その発想は(ry

>雫にゃん①
出来れば、候補を出して欲しいです・・・

>亜紗さん①
それだと、修正する手間が大き(ry

>香月さん①
ひも理論ってギャルゲー主人公のことかと思tt(ry

>香月さん②
目立たないから、つい・・・

>勝敗さん②
その設定を決めるために言ったわけだったんですが・・・

>ベルヘンさん①
その発想はなかった

>雫にゃん②
今からでも遅いのでさっさと参加すればいいじゃないっ!

>勝敗さん③
主婦ではなく、ニー(ry

>雫にゃん③
何故、ここまでテンションが高いんでしょう・・・

>ベルヘンさん②
アンゼルセン神父ですね。わかります

>ゆ~さん
それはない

>雫にゃん
むしろ、書き手がいなくなります(何
スポンサーサイト

COMMENT

杜若 雫 URL @
01/16 12:07
結論:るっしーは結局コメント中毒につき、ここのコメ欄は未来永劫消えることはない。. しかし相変わらずの手抜きコメントレスじゃ大していつもと変わらない罠(挨拶

>参加
既にセンター前日の家庭学習日を利用してルリたん描いてる馬鹿がここに
まぁ嘔吐さんの設定画参考にさせて頂いてますけど。

密かにwiki投票もしたりもしてますゆ~(*'ω' * )し
嘔吐m URL @
01/16 14:06
そもそも西と東は何故西と東に分かれたのでしょうか。. 
方角を表現に使ったことからして国内の分断だと予想できるのですが、3話の描写では二つに分かれる以前から、思想の違いが西と東の間に生じていたとあります。
局所的に発生した思想が広まったのではないでしょうか。宗教と言ってもいいです。
そして内乱へ発展し、両者の能力も引きずられるように発達。
結果的に融和が終戦策に選ばれた事からして、西と東の能力がせめぎ合っていた。
東が科学として魔法を扱うのなら、対立する西は魔法を神秘として扱うのでしょう。
必然を求めて発展する東、神秘は不可侵であり偶然を待って発展する西。
西に神秘としての有利性があったとしたら早期に決着が付いていたでしょうし、両者が同等に発展するとは考えにくいです。
以上のことから東の科学とは人知の成すところであり、西の魔法とは科学では解明できない、科学からはまた逸脱した化学なのではないかと思います。

要するに電器製品の自販機、照明、車、飛行機や火器等は科学。
魔法はそれらを詠唱でこなしてしまうという事なんじゃないかと思うわけです。

ところで、前の記事に間に合わなかったな(´・ω・`)
杜若 雫 URL @
01/16 15:32
三行で. 私も大体似たような考えですね。
思い立ったら吉日、投票フォームへgogogo。

つ ルリたん。
ttp://blog-imgs-30.fc2.com/s/h/i/shizukaki/luli.jpg
うpった後に変なとこに気がつくのってよくあることですよね!!!!!!1!!orz
そろそろ戻そうm URL @
01/16 17:28
. 投票してきますた。
ルリたん>おお、前より確実に上手くなってると思います!
うpったり書き込んだりした後の血の気が引く感じは眼を覚まさせてくれますよね11!
何故か凄い冷静になるんだ!まるで賢者t(ry
亜紗 URL @
01/16 21:19
. この猛コメント数に何かを感じwikiの設定資料を若干改造。論議にお使いくださいませ。
杜若 雫 URL @
01/16 21:19
参加表明出してないのにちゃっかりwikiメンバーになってるカオス. 自分じゃ上達したかよく分からないですけどありがとうございますー(o^-^o)

でもなんか制服設定作成中とか聞いたんですけどそこらの詳しい話は何処に行ったら見れますか?( ´・ω・`)
ベルヘン URL @
01/17 02:48
>ロ土mさん.  東西に分かれ(てい)た理由は共産主義と資本主義の冷戦みたいな感じに考えていました。
 両勢力が共に相当危険な兵器(魔法側だったらなんだろう、人間兵器?)を持っていたのなら同等の力を持っていなくても小競り合いが続くことはありえるのではないかと。
 今回の和解は実のところ優劣の差が大きくなってしまい、不平等な条約を結んでの和解だった可能性もありえます。
 もともと一つの国だったものが分断されたのではなく、文明が発達していく過程で2つの思想・勢力が台頭していった。という案を提唱
 一つの国どころか、一つの大陸ですらなく、東西に大陸が1つずつ存在しそれらが対立していたという設定にしてもまだ矛盾しない。ですよね?たぶん。
outm URL @
01/17 05:34
. >ヘ''ノレへ`ノさん
ああー、なるほど冷戦の方が色々つじつまが合いますね。
過去にお互い多くの犠牲を払っていたとしたら、学園の穏やかさは逆に不自然かもしれません。
不平等条約を結んだのなら学園はもっとギスギスしているだろうと思ったんですが、やはり学園は融和の中心ですから、水面下で不穏分子を監視しているような現状が一番しっくり来ます。
魔法がその世界に確かに存在するなら、確かに国というスケールでは収りませんね。海を隔てた故に大陸ごとに異なる文化、技術に進化したなら、西と東の争いに至るまでずいぶん時間が生まれますし、互いに致命的な兵器を所有していても不自然はありません。
いや、考えが足りませんでした。ベルさんの考えに賛成ですな。

でも、そうすると西と東とはそれぞれ連合の様なものなのでしょうか。それとも西と東の融和は統一世界の完成を意味するのでしょうか。
どちらにせよ特別な選定条件が無い限り、融和の先端として学園にいる生徒は世界のエリートということに(´・ω・`;)
国家、地方ごとに学園の留学枠が割り振られても、他はともかくシロは落ちるでしょうjk・・。
それこそシロのチート能力に眼をつけた何者かが手引きしたという陰謀説に。
なんだか色々繋がってきたんじゃないでしょうか。
あれ、もしかして解ってなかったの自分d(ry

>制服設定
ごめんなさい!
基本的に定型的な制服を着る義務はなく、学園生徒と分かる服装ならなんでもおk。
という感じだったと思います。それでもセミフォーマルぐらいが望ましいんじゃないでしょか。
コガネやシロがスタンダードなのはメンドイからだとおもいます(駄
クロは規範としてなんじゃないでしょうか。スカートも丈が長いようです。
シャウト URL @
01/17 11:00
. どうも、なんか前の記事の時点で盛り上がっているなぁ、と思いつつも様子見していたら18件なんてステキな数字になり、なおかつ次の記事になっていることに今日気付きました。
西と東、魔法と科学なんてものを持ち出したのは自分なのですが、当初(3話)では「魔法学園の小説かぁ。魔法が当たり前の世界なのだろうなぁ。しかし魔法が当たり前の世界で科学も一部では当たり前になっていると・・・なんか面白そうだなぁ」ぐらいの漠然としたものでした。 その漠然としたものの内側に自分のやりたいことを包み込んで、とりあえずこれだけ見せてみようってな感じで3話を書いたのです。 わりと見切り発車でした。 すいません。
で、閑話休題。 現在ではまず魔法と科学について
①「科学=現実の私達の言う科学&魔法=未知なるエネルギーを動力とする技術(この書き方だとESPいわゆるとかも含まれる?)」
②「大前提として魔力が存在する。 これを基にするのが魔法だが、その魔法を科学的に扱うこともできる。(つまり、魔法というものも突き詰めれば科学の現象で説明することができる、ということでいいのかな?)」
③「実用化されていない技術=魔法&されている技術=科学(大雑把。しかし後づけとかはしやすそう)」
④「ありえない=魔法、ありえる=科学(大雑把2。 しかしこの小説内では魔法をどんどこ使っているわけで、この小説内で適用できる定義か、と言われると甚だ怪しい)」

Wikiを見ていると、この四つが候補ですね。()内は個人的な解釈です。
私としては、①がいいのかなと。 定義づけるとしては③と④は少し弱すぎるし、②だとそもそも魔法と科学を分けて定義しようとしているのに、一部では魔法≒科学となりそうで混乱ががが。

世界観そのものについては
①東西では思想そのものが違う(宗教的なもの?)
②冷戦的な状態?(直接的な武力での対決はなし?)
③一つの国が分断or二つの異なった文明の大陸が対立

①に関しては3話の時点で「根本から信じるものが違う(byシロパパ)」と自分で書いた側面もあるので、ほぼ自動的に賛成です。
②の方は、自分のイメージとしては「魔法側=とんでも魔法を使う人間核弾頭的なのが数人+かなりの使い手がいくらか。 科学側=兵器などで武装された集団。(平均的だが、平均値は高い)」という感じになっており、魔法は質で、科学は数で互いに圧倒的優位であり、どちらも迂闊には踏み込めない状況になっていて、裏で小競り合いがある程度だと思っていました。 これも冷戦といえば冷戦なのかな。
③に関しては、どちらでも上手く話が発展しそうですが、まとまりがよさそうなのは一国説。冷戦状態を採用しなおかつ世界観を大きく持つなら大陸説、ってところでしょうか。

と、以上。 発端(元凶ともいふ)な私が思うことを書いてみました。

P・S
Wikiの設定資料なのですが、今のところここの物のコピペでしかないようで、少し物足りなく感じました。
なので設定資料としては変則的ですが、各作者が各キャラクターについて思うところ(小考察)を一言付け加えてみるのはどうでしょ。
せっかくこうやって互いに意見をぶつける動きが出来たので、キャラクターに関しての意見等も見てみたいのでsが・・・
勝敗 URL @
01/17 15:05
. >ルリさん パンヤやろうぜ
杜若 雫 URL @
01/17 20:11
センター難化科目多過ぎワロタ. >シャウシャウ
三行で(挨拶

じゃあこれで①が3票ですね。我が軍は圧倒的じゃないか。
つか東西対立論読んでどこのイスラエルかと思ってしまった。


>設定資料
その為に亜紗さんが一晩でやってくれたんじゃないですかコメ欄分割www
ぼちぽち活用していきましょー。


>黄桃mさん
まぁるっしーがどう想定してるか知りませんがとりあえず描いてしまったものはしょうがない。別の制服案になったとしても私服だ戦闘服だって言っとけば通じるよね(ま゛
亜紗 URL @
01/17 23:08
. ◆魔法について

・コガネは無詠唱で色々やっている
・無詠唱で失敗するとなにやら危ない事になるらしい
・ベリアルは相手の認識を操作している
・ベノムは銃弾に毒を魔法で付加させるという手間な事をやっている
・トランは人を操り人形にする魔法を使う
・ルリはなんか凄い魔法を使ってる
・シロは色々特殊

※19話より
>翠の光、すなわち魔力とでもいうべきものをトランは見ることができた

 全話読み直し、作中にて、既に出来上がっているこういう事実があるようです。
 今日も長々とコメントしようと思いましたが、それを考慮して考え直します。

◆設定資料について
 内容は暫定です。気に入らないなら書き足すなりして変えてください。
 コメントフォーム部分の利用はご自由に。使われるように使われたらそういう風に使われ続けますさ。
 あと、公式に載っている内容はあまりにも役に立ちそうにない小話ばかり増えていくので、皆でガンガン書き変えていきたいです。……1人じゃ無理です、大変です。
ベルヘン URL @
01/18 01:10
陰謀です!陰謀で全てが説明できます!. 
>シャウさん
 見切り発車上等!キラーパス望むところ!設定は書いたもん勝ち!すでに書かれた設定も、隙あらば突き崩せ!
 リレー小説ってこういうものでしょ?(何

>outmさん
>西と東とはそれぞれ連合の様なもの
 冷戦設定を使うならその方がいいかもしれませんね。
 小国がちらほらあれば、大国は支援するのみ、小国同士の戦争が時々起きる、という状況になりそうですし。

>亜紗さん
 そういえば自分すでに魔力と書いてましたね。(ぁ
 了解です。設定資料など気が向いたらいろいろ手を加えてみますね。
勝敗 URL @
01/18 03:21
. コメント18なのにコメ返13しか無いぞw
香月 URL @
01/18 13:11
世界観等について。. 私自身は

①東西では(魔法についての)思想そのものが違う。
②現在は冷戦的な状態?(直接的な武力での対決はなし?)
③二つの異なった文明の大陸が対立

だと考えていました。
まず、③についてですが、二国間での国交断絶するほどの対立となると、38度線やベルリンの壁のようにどうしても物理的な障壁を築いてしまうのではないかと。ならば、両者の歩み寄りの象徴は、『飛行機』などの機械的移動手段ではなく、壁に穴を開ける(検問所などを設ける)などの具体的手段になるべきではないかと。そう考えたわけです。
ただ、二国の間に天然の物理的障壁があったのならば、それを突き崩すよりも回避する手段がとられるのだろう、と考え、ならば海か山だな、と。
で、ある程度の昔から行き来できたのなら海かな。と安直に。

①については、主に『魔法』についての取り扱い(考え方?)からの派生かな、と。
「とりあえずあるんだし便利だし」、で使い続けた西と、
「理解できない力なのでタブー視」して使わなかった東と、
きっかけはそんなところからの分裂だったのかなぁ、と。
そしてそのまま月日が流れ、それぞれがそれぞれで発展し、お互いを疎ましく思い、やがて・・・・・ってな歴史的(?)流れを考えていました。
なので、『実験都市』なんて発想は実は東側の勝手な発想で、当然学園は実験素材(というか魔法を使える人)の補充という観点から西側に近い東側(海際)にあり、そこに住んでいる元(?)西側の人たちは西の左派からすれば裏切り者かスパイ(工作員)のどちらかで右派からすれば人身御供で……。学園都市周辺を離れると、そこは『魔法否定』の東側の人しかいなく、必然的に魔法を使える人は学園都市近辺にしか住めず、又、東の保守派からは都市全体が常に疎まれていて……なんて裏設定を考えていたのですが。
さらにいえば、大昔、二つの大陸はひとつだったのだが、プレートテク二クスで左右に分断、神話ではそれを『偉大な(西)/悪しき(東)魔法の力』としていた、なんてことも裏設定として。。。

ということで、私の魔法に付いての考えは、

②「大前提として魔力が存在する。 これを基にするのが魔法だが、その魔法を科学的に扱うこともできる。(つまり、魔法というものも突き詰めれば科学の現象で説明することができる)」
で、回想(10話)でのシロの両親の発言にも、 その辺を混ぜたつもりです。








 

TRACKBACK http://roziura.blog41.fc2.com/tb.php/821-3fcaf8f6

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。