スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンフィクションというタイトルのフィクション(何

私は、『ソレ』を睨むように見つめる。
『ソレ』は、私のことを見ようともしてないわけだけど。
そんなの、関係ない。
私は手に持っている『武器』を持って、『ソレ』に一撃を喰らわせようと走る。
『ソレ』は、私を見るが、逃げようとはしない。
逃げられないというほうが正しいのだろうが。
私は、今までの恨みを全て『武器』に込め、『武器』を振り上げる。
その時、『ソレ』は口を開き、喋りだした。

























「あんた、こんなに忙しい時ににダンボールを掲げて、何をしてるの?」
 『ソレ』こと、佐藤 千鶴は多少怒気を放ちながらこちらに言い放った。

.







さて、どこまでが本当かは皆さんの想像にお任せします。(何
つい、小説風に書いてしまった。反省はしていない。(ぁ
後は、米返信~。(何


>シャウさん
それDA!(何
ちなみに、私の隣にいた男子学生(知らない人)も、後半は苦笑いしてました。(何
きっと、彼も最後ら辺は『とりあえず笑おう』と本能的に思ったに違いありません。(何
スポンサーサイト

COMMENT









 

TRACKBACK http://roziura.blog41.fc2.com/tb.php/97-d4414be9

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。